会社存続にかかわる?!インターネット上での監視業務

参加者が多くなっているインターネットゲーム

インターネットが普及したことで、それを利用したゲームも開発されています。日本で制作されたゲームであってもローカライズをおこない海外でもできるように翻訳することで、ゲームへの参加者も多くなります。そして参加者が多くなるほど、いろいろとトラブルが発生したり、また最近ではゲームのプログラミングにまで手を出す輩も出てきて、ゲームをストップさせたりと、運営自体に支障を与えたりすることもあり、運営会社にとっては会社自体の存続にかかわることにもなりかねないです。

自由だからこそ監視が必要

そのためゲーム会社ではアルバイトを雇って、そのゲームの運営を監視したりと対応をしています。もちろん社員も監視には参加していますが、ゲームの世界は非常に広い空間でおこなわれるために、どの部分でトラブルが発生しているのか、またどこから不正にアクセスをしているかを数人で管理することは難しいために、アルバイトも雇ってそのような状況を探したり、対応したりと監視活動をおこない、参加者がゲームを楽しめるようにしています。

悪い芽は早急に絶つことが重要

このようなネットワーク監視はゲームのみならず、ネット上で何かしらを運営している場合には発生しうることなので、各社対応策を講じています。中小の会社であれば内部でそのような対応をする人的余裕もないために、監視業務を外注しているところも多いです。そのような事象がネット上で発生すれば、自社の業務運営と信頼関係にもかかわることにもなります。同様に誹謗中傷などに対しても早急に対応をしてもらうように委託しています。ネット上ではそのような誹謗中傷の情報も一気に広まります。

フロー監視とは、ネットワークのトラフィックの情報を監視・分析し、ネットワークセキュリティを強固することをいいます。