誹謗中傷対策で自身を守る!対策前に知っておく3つのポイント

誹謗中傷対策を行う前の準備

インターネット時代に入り、誰でも情報発信できるようになったメリットがありますが、ブログや掲示板を活用した誹謗中傷は大きな問題になっています。誹謗中傷を受ける対象者は有名人に限らず、個人を対象したものもあり、こうした時代背景からも誹謗中傷対策を業者に依頼する機会も多くなっています。被害を受けている時にどこに頼んだら良いのか、どう対処して良いか解らない方も多いですが、まずは準備として誹謗中傷の証拠の保全が必要です。証拠を記録として残し、対象サイトの名前や内容、URL、様々な情報の記録を行いましょう。

誹謗中傷対策に効果的な3ポイントを知る

誹謗中傷対策として有効な方法は色々とありますが、3つのポイントを絞り込むならば、誹謗中傷内容の記録、削除依頼、相談窓口利用が有効でしょう。まず何にしても誹謗中傷されている記録、証拠を押さえておく事は重要であり、サイトの管理人に削除依頼を行う事に繋げていきます。削除依頼を掲示板の管理者に申し出て、悪質な書き込み等の削除に応じない場合は訴訟を起こす事も可能です。削除依頼の方法や訴える方法が解らない場合は警察のサイバー犯罪対策係に証拠を持って行く事が有効です。

誹謗中傷の放置は危険

誹謗中傷はネット時代に起こる当たり前の事と放置する事は危険であり、事実でない情報でもそれを受け取った人間が真実と捉える可能性があり、個人や組織の評価を著しく低下させる可能性があるものです。誹謗中傷された本人や組織が気にしなくても、それらに関わる人間や取引先に迷惑が及ぶ可能性もありますから、適切な対策を行う事は必要でしょう。飲食店等は嘘の誹謗中傷から経営が成り立たなくなった例があったり、成り済まし被害で信用を失ったり、逮捕されたりという例もありますからリスクを知って対応する事が望ましいと言えます。

2ちゃんねる削除のサービスは、誹謗中傷などの書き込みを削除するために利用されており、掲示板の管理者や検索サイトから検索結果を表示させないようにするサービスとなっています。